前へ
次へ

太陽光発電システム設置のデメリット

太陽光発電のため、太陽光を集めることに必要なソーラーパネル、あるいは家庭用電気にチェンジするパワーコンディショナーなど、電力生成の設備が要ります。
さらに夜の時間帯も自家生産した電力を用いるとなれば、蓄電池も求められます。
設置に関する費用は、製造メーカーや機種によって金額が違います。
費用を勘案する際は、いの一番に太陽光発電をセットする年の電力1kw当たりの単価に意識を向け、太陽光発電の設置に求められるコストを算出し、それから自家発電で節約することができる金額や売電額と対比させたうえで、プラスの点が多いどうかを見極めましょう。
また、気象条件に影響されやすく発電量が一定ではない天もデメリットです。
太陽光発電は、太陽光線から電気を作り上げるので、気象条件に左右されやすいというマイナス面があります。
一年での日射量によって発電量が移り変わるので、積雪の多いエリアでは日射量が減り、それに加えて気温が上がりやすいエリアではソーラーパネルの表面温度が高くなるために発電に関する効果が落ちます。

Page Top