前へ
次へ

太陽光発電の主な特徴

太陽光発電は、太陽光線エネルギーを介しての発電手法です。
家で太陽光発電に取り組む場合、屋根に対してソーラーパネルの取り付けを行って太陽の光を集め、パワーコンディショナーなどの方法で、一般家庭で使用することができる電気にチェンジします。
自家発電した電力については、家の電力として活用することができます。
注意すべき点として、システムは、電気をつくることはできたとしても、電力をためることなど不可能です。
ためることを望むなら、蓄電池の設置がプラス求められます。
要するに、太陽光発電で作り出した電気が使用することができるのは、太陽の出る時間に制限され、蓄電池がないと太陽の出ない夜や悪天候時などには活用できません。
また、残っている電力は電気会社に売却することが可能です。
発電が行われた電力量が使う電力量よりも多いケースでは、残存している電力を譲渡することができます。
売却することを売電と言っています。
売電には、あらかじめ電力会社と契約の取り交わしをしておかなければなりません。

Page Top