前へ
次へ

太陽光発電のパネルの設置

一般家庭で太陽光発電を行う場合には、屋根に専用のパネルを設置することになります。
屋根であれば太陽光をしっかりと効率よく集めることが出来ますし、省スペースで設置をすることができるのでメリットも大きいです。
パネルも従来のものは重さがあり、屋根に設置をした場合には住宅全体にかかる負担も大きくなってしまうということがありました。
しかし最近では軽量化も進んでいるので比較的軽いものを設置することができるようになっています。
そうすることによって負担もかけることがなくなってきています。
住宅の傷みにも影響を与えることがあるので、軽量化をされていればより多くの太陽光発電のパネルを設置することができます。
できるだけ多くのパネルがあったほうが作り出すことができる電力も大きくなるので、売電をすることもできるようになってくるでしょう。
パネルの種類も最近では多くなってきているので、選択できる場合もあります。
専門業者と相談をして設置をするとよいでしょう。

Page Top