前へ
次へ

太陽光発電を利用するときは蓄電池も

太陽光発電をおこなう場合に知っておきたいことの一つは、太陽光パネルでは出来た電気を溜めておくことはできないということです。
もちろん発電した電気を全て利用できれば電気料金はゼロとなり、余った分は売電できます。
足りない分は電力会社から購入できるので、電気がなくて困るということはありません。
ただ、太陽光発電は太陽が出ているときにしかできない発電ですが、その電気を夜間とかでも利用できるようになる方法があるのをご存知ですか。
それが蓄電池を利用する方法です。
蓄電池を利用すれば作った電気を貯めておくことができるようになります。
だから、夜間とかでも自分たちが作った電気を使えるので、結果的に1ヶ月あたりの電気料金の節約につながります。
また災害時にも貯めておいた電気を利用できるので、いざというときに安心できます。
特に高齢者や小さなお子さんがいるご家庭の場合は、電気が利用できなくなってしまうのは避けなければなりません。
安心できる生活のためにも、太陽光発電を利用する際は蓄電池の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

Page Top